毛抜きでの脱毛は肌によくない?

手軽に脱毛というと、毛抜きを使って自己処理を
されている方も多いのではないかと思います。

 

最初は痛いけれど、慣れてしまえばそんなに痛みも感じないし、カミソリで剃るより残らず見た目にもスッキリした感じがあり、毛抜きを使われている方って意外と多いようです。

 

ところが、毛抜きでの脱毛はお肌にとっては良くないものなのです!

 

ムダ毛と言っても、やはりその毛根は強くお肌にしっかり根付いています。
力で無理やりに抜くわけですから、お肌へかかる負担はかなりのもの!

 

毛抜きで実際に処理をされている方はご経験あるかもしれませんが、
毛抜き後のお肌って表面がザラザラボツボツしていませんか?

 

これは毛を抜いたときに毛穴の外の角質が毛穴を覆うようにかぶさっていくためで、
いくらムダ毛がなくなってもスベスベなお肌とは程遠いな・・・なんてことも。

 

毛抜きでのお手入れで一番よくないことは毛穴からばい菌が入ってしまったり、
炎症を起こす可能性もありますので、毛抜きでのお手入れはお肌には良くないと言えます。

 

また、毛抜きの肌へのダメージからシミなどの色素沈着や埋没毛の原因にもなるので、
毛抜きでの脱毛はお肌のことを考えるとやはりおすすめできないんです!